ふるいものがたり

いらっしゃいませ。 このサイトには『ファイナルファンタジータクティクス』の二次創作小説があります。

水の色(05)

「いいの、いいんだよ。…わたし、うれしい。……男性は、そうなってしまうものなのでしょう。…女性も、そう。好きな男性から求められるとうれしいの。ただ……女はひねくれているから…素直に喜ばないだけ。ひねくれているのが正しい、と思い込んでいるから。………愛されたら、わたし…あんなこと……しなかった、だろうな……。…ラムザさんになら、どんなことをされたって、わたしはいいの。でも…ね……アグリアスがいるから……。わたしの人生はいつだって、同じ。…人がわたしの障壁となっている。人が…わたしの進みたい道を阻む。人が、わたしの未来を閉ざす。例えば、アグリアスがいるから…ラムザさんと……深い関係を結んではいけない、と考えるのね。もちろん、アグリアス本人に罪はない。わたしが一方的に彼女を邪魔者扱いしているだけ。……わたしは、こんな性格なの。それを変えたいと思いながらも、自分を変えられないで…生きている。だからこそ…“終わり”に向かって進むことを選んだ。人生の長さを嫌い、人生に対して抗(あらが)いたかった。そして……わたしはもう引き返せなくなった。もう、わたしは『別の生き方』なんて…できないし、願ってもいない。……ラムザさんだから言いますが、わたしは今までの人生で出会った人々にウソばかり、ついてきました。わたしの人生の半分はウソで塗り固められている、といってもよいほどです。…わたしはウソのカタマリ、なのです。けれど、けれど…わたし、ラムザさんには一つもウソをつけません。だましたりなど、できない。本当のことしか…話せないの。………ラムザさんと会えて、わたし…一時的にでも『別の自分』になれているように思うんです。少しの間、『別の生き方』を演じられているように思えて…それが…好きで、好きで。……だめ、ですね。アグリアスに悪いよね……」アリシアの言葉が終わるよりも先に、ラムザはもう片方の手をのばした。

「…ア、アリシアさん…僕は…僕は……。アリシアさんを……」

ラムザにとって、アリシアのセリフの大半は真意が不明だった。

神妙な面持ちのラムザアリシアは、もう片方の手をのばした。