ふるいものがたり

いらっしゃいませ。 このサイトには『ファイナルファンタジータクティクス』の二次創作小説があります。

ひかる結晶(01)

ドーンッという音が空で鳴った。

美しい模様が広がる。

女は言った。

アグリアスも変わったよね〜」と。

夜空を見上げているもう一人の女はうなずき、言葉を返した。

「たしかに…。月並みな言い方をすると、明るくなった。あと……よく笑うようにもなった」と。

初めに発言した女は胡桃色(くるみいろ)の髪をしており、紅のドレスを着ている。

うなずいて返答した女は鳥の子色の髪をしており、黒のドレスを着ていた。

二人の女は両方とも細いベルトを腰に巻いており、それに黒色で革製の小物入れを付け、さらに銃を下げている。

数時間前……。

店内も店外も人々は楽しそうだった。

歌ったり、踊ったりしている。

本日は町のお祭りなのだ。

紅のドレスの女は、はぁっと息を吐いて不満そうに言った。

「…こんな魅力的な姿をさらしているにもかかわらず…どーして、あたしに誰も声をかけないのさ!?今日は『貿易祭』でしょう?いろんな人が町にはあふれているはず!けーどー、誰もあたしを誘ってはこない。…どうして、アリシアばかりが…ナンパされちゃうのかしら?ねえ?…アリシア?」

つまらなそうな女に比べて、アリシアと呼ばれた女は落ち着いていた。

「…何でなのかな?色が違うだけで…ドレス自体は同じ、なのでしょう?」

「同じだよ。『2色セットだと、2割引き』っていうのにひかれて…こっちとその黒いのを2つ買っちゃったけどさ…。そしたら…あたしのお財布、カラになっちゃって…。ま…それはそうとして…どーして、ついてきただけのアリシアの方が男の人の目をひきつけるの?あたし…魅力ないのぉ?」紅のドレスの女はふくれている。

「…ラヴィアンに魅力がないのではない、と思う。女もいろいろ、男もいろいろ、人はいろいろ…だもの」アリシアは述べた。

ラヴィアンと呼ばれた女はあーあー、と言い、ほおづえをついた。

「……あたしが黒い方着たら、良かったのかな?朝早くに髪もセットしてきて…。あたし、“本気”で用意してきたのに……。アリシアはいつもどおりの髪のまま…なのに…。さっきの人でもう…今日は8人目、だよ…。その都度、その都度…『あたしに興味をもってくれた〜』って…思って、ドキドキすると…『いえ、あなたではなく…そちらの黒いドレスの女性です』とか、『いんや、あんたじゃねーよ。そっちのねーちゃんさー』とか…。何がどうなってるワケ〜!?…はぁ、アリシア…あたしに気を遣って…男の人と一緒に行かないの?…いいんだよーー。気にしないでも…。今度、誘われたら…ついて行きなよーーッ!」

アリシアはやんわり返した。

「…いいえ。元々、そんな気ないもの。ウォージリスにまでやって来て…あなたに万が一のことがあったら、困るから。…わたしは保護者役として、そばにいるだけだよ」

「………あんがと。無理にドレス着せちゃって…ゴメンね」ラヴィアンは謝った。

「………久しぶり、かな。こんな格好をするのは」小さな声でアリシアが言う。

「『久しぶり』…???」アリシアの言葉にラヴィアンは彼女を見た。

アリシアは首を曲げて店の外を歩く人々を見つめた。

…店の窓を通して、男女や親子連れ、老夫婦に子供、大人などがぞろぞろと歩いてゆくのが見える。